健康サポート

ものしり医療メモ

症状からわかること「むくみ」

むくみとは、何らかの原因で血液中の水分が血管の外にたまった状態をいいます。

むくみが出やすいのは下肢(ひざ下や足首、足の甲)、手(甲や指)、顔(目のまわりなど)で、特に病気でなくても、長時間の立ち仕事や寝不足、水分や塩分の取り過ぎによって起こることもあります。

しかし、中には心臓や腎臓、肝臓、甲状腺などの病気が原因となっている場合もあるので、むくみやすい人は注意が必要です。

心配なむくみ

むくみがひどい時や、吐き気、動悸・息切れ、尿の異常(血尿や尿の量が減る)などを伴う場合には、重大な病気の可能性が考えられるので、できるだけ早く医療機関を受診しましょう。

特徴的な症状、考えられる病気

  • 朝起きたときにむくみが強く出る。
  • 顔や足などが腫れ、特に上まぶたが腫れぼったくなる。
  • 重症になると、尿の出も悪くなる。

→腎臓の病気(急性腎炎、腎盂炎、ネフローゼなど)

  • まず足首のあたりが丸みを帯び、押すとへこむ。
  • 次第に全身がむくむようになり、動悸や息切れも伴う。
  • むくみは日中強く、朝起きると引いていることが多い。

→心臓の病気(うっ血性心不全など)

  • 顔全体のむくみが特徴。ひたいや上まぶたが腫れる、唇が厚くなる、まゆ毛の外側半分が抜けるなど、特有の顔つきになる。
  • むくんでいるところを押してもへこまない。

→甲状腺の病気(甲状腺機能低下症など)

  • 手や足のむくみは比較的軽いが、顔に黄疸が現れ、お腹に水がたまって(腹水)、腫れる。

→肝臓の病気(肝炎、肝硬変など)

むくみのチェックポイント

  1. ひざから下を指で押すとくぼみができて、なかなか消えない。
  2. 指輪が抜けなくなる。
  3. 靴がきつくなったり、靴下のゴムのあとが残る。
  4. 上まぶたが腫れぼったく、目が細くなる。
  5. 体重が1日に2kg以上増える。

※心配な症状があるときは自己判断せず、病医院を受診しましょう。

比較的心配のないむくみ

  • 夕方になると足がむくむ。
  • 朝夕の体重変動が激しい。

考えられる病気

→突発性浮腫(女性に多く、原因は不明。足を高く上げて寝るとおさまることが多い)


ページの先頭に戻る


■ 関連リンク