診療案内

お気軽にご相談ください

糖尿病

健康診断で血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が高いと指摘されたら、すぐにご相談を。血糖値が病的に高い状態が、糖尿病なのです。長期的に目や腎臓など、体中のさまざまな部分に重大な傷害を及ぼす恐れのある病気です。

三原内科循環器科クリニックでは、血糖値の測定や精密検査を行って、患者さまの現在の状態を正確に把握し、治療方法を決定します。

また、糖尿病の原因となる生活習慣を改善するため、食事指導や運動指導も行っています。無理なく続けられる、適切な方法を探していきましょう。

 

生活習慣病(高血圧など)

高血圧や高脂血症(脂質異常症)、痛風(高尿酸血症)の合併症の検査・治療や、食事・運動などの生活指導による生活習慣病の予防を行います。

内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)で、高血糖か高脂血症、高血圧のうち2つ以上があてはまる人は「メタボリック症候群」です。このような人は動脈硬化になりやすく、脳卒中や心筋梗塞など、生命に関わる重大な病気のリスクが高いといわれています。

三原内科循環器科クリニックでは、血液検査の値とともに、患者さまの体の状態を把握した上で、生活習慣病予防のためにしっかりとサポートいたします。 また、動脈硬化検査も行っています。

 

心臓病(循環器)

胸が苦しい・痛い(胸痛)、動悸(どうき。胸がドキドキすること)や息切れ、息苦しさ、めまい、立ちくらみ、血圧が高い、むくみなどの症状がある方は、どうかお早めの受診を。

心臓・血管の病気や不整脈、高血圧に対する診断や治療、ワーファリン管理などを行います。
特に症状がない場合であっても、心不全や狭心症、心筋梗塞などの予防・早期発見のため、専門医による定期的なチェックをおすすめします。

三原内科循環器科クリニックでは、循環器専門医が診療を行います。胸部レントゲンや心電図、心エコーなどの検査が可能です。不整脈が疑われる場合は、ホルター心電図による検査も行います。

 

慢性肺疾患、ぜんそく(呼吸器・アレルギー)

肺がんなど一部の病気は自覚症状が少なく、発見が遅れがちです。
せきが続く、夜にせきで眠れない、たんが多い、たんに血がまじる、ぜいぜい・ひゅうひゅうする、息切れ、いびき、睡眠時に呼吸が止まる、胸痛などの症状が続くようであれば、お早めにご相談ください。

風邪や気管支ぜんそくから肺炎・肺がんまで、呼吸器に関する病気の診断・治療を行います。

また、三原内科循環器科クリニックでは在宅酸素療法の管理や、アレルギー検査・睡眠時無呼吸検査も行っています。