院長のブログ

(95)危険ドラッグでなくて致死ドラッグ

危 険ドラッグによる事故、規制が強化されていますが、「危険ドラッグ」という呼称では生ぬるいと思います。危険でも少しやってやろうかという愚かな御仁も出 てくるかも知れません。一回の吸入や内服でも不整脈を起こせば死に至ります。そこで「致死ドラッグ」というのが正しいのではないかと思っています。これら の輸入やネットでももっと厳しく規制すべきです。以前に「薬やめますか?それとも人間やめますか?」という文言の覚醒剤防止キャンペーンがありました。印 象的で良かったと思います。人権派弁護士の反対で消えたとも聞いています。残せばいいのにと思います。規律や治安は耳障りの良い事だけ言っていてもコント ロール出来ません。時には厳しいことも必要です。私は人権派弁護士の意見に大反対です。青少年でも罰は厳しくすべきです。

 

「院長のブログ」一覧に戻る