院長のブログ

(91)ジェネリック医薬品〜この似て非なるもの

平成25年度の国民健康保険の決算は3100億円の赤字でした。節約や無駄を省くことが大事です。また、今まで不必要な入院、不必要な投薬、不必要なマッサージなどをして収益を上げる、いわゆる老人ビジネスをしていた一部の病院があり、こういう暴利をむさぼっていた医療法人を締め付ける為、国は色々と規制をして来ました。こうした病院は一部であっても、国は一部が全てであると、そうした不必要請求を無くす手だてをしてきていると思います。これは赤字財政の今は当然と言えば当然です。自主規制はこれからも必要です。しかし、こと薬〜ジェネリック医薬品には明らかに劣っている物もあるので、一様に強制するのは考え物です。

 

 

「院長のブログ」一覧に戻る