院長のブログ

(88)新年は元旦から横浜へ

年末から実家に帰り、今年は穏やかな新年を迎える事が出来ました。勤務医時代から家族揃って正月旅行なんて縁が遠かったものです。内科であれば休日当番や救急当直がありますから、そうした大手企業のサラリーマンや公務員のような生活とは無縁でした。開業しても暫くはそうでした。ただ新年は可能であれば家族が実家に集まって、その健康や生活を感謝しあい協力するべきものです。そして家庭料理(最たるものはおせち料理)を食べるものです。事始めや訪問は2日以降で、深夜のカウントダウンや外食とか旅行は本来の日本の姿ではありません。日本人は新年におせち料理を食べて煮物などで十分な食物線維やケイ素を取ったのでしょう。元日からプラプラ出かけるのは得策ではありませんが、どうしても所用があり、自分の健康に感謝し、元旦に横浜へ行って来ました。横浜は雪でした。

 

夜は晴れて夜景も綺麗でした。

 

この自然、日本ならではの四季に感謝し皆様の幸福を祈って帰ってまいりました。

 

「院長のブログ」一覧に戻る