院長のブログ

(85)医学部増設は必要

論点のない総選挙でまた税金が使われていますが、どの政党もあまり社会保障は言っていない様です。構造改革で規制緩和され派遣会社ばかり儲かり、正規社員の雇用は減る一方です。医療難民だけは出さないようにすべきですが病院は都市部を除いて赤字経営でしょう。厳しい時代です。東京の大学病院も夜は寂しく、患者さんも職員もまばらです。

こうした医科大学が地方にも必要です。国や地方自治体がバックアップして東北などで認可すべきです。その際、しっかりとした理念と教育方針を持った私立大学医学部にすべきです。最近、本を書くため医師の免許を取っただの、政治家の肩書として医学部を出たとかというヤカラが多過ぎます。自費ならいいですが、税金をたくさん使って資格を取ったなら日本の医療や研究のために貢献すべきです。好きなことをやりたいのなら係った国費を返済すべきです。

 

「院長のブログ」一覧に戻る