院長のブログ

(70)感染症アップデート

日曜日に抗生物質の使い方を中心とする感染症の勉強会がありました。起炎菌(感染の原因となっている菌)をターゲットにした抗生物質の選択や使用法、注意点などを勉強しました。医療は日進月歩です。マクロライド系抗生物質も乱用によって、肺炎球菌にはほとんど効かない時代となりました。今、流行りのニューキノロン系抗菌薬も乱用が指摘され、近日中に国際的なガイドラインではその使用が制限されるでしょう。耐性菌を作らないために必要です。(写真@〜B)また、今話題のデング熱についても講演を聞きました。

こうした勉強会に出る先生は、一般的に言って薬にあまり詳しくない外科系の先生が多いものですが、実際そうでした。しかし、内科医にとっても十分に参考になりました。感染症の専門家岸田直樹先生の名講演は大変勉強になりました。日々の診療に活かします!!

 

「院長のブログ」一覧に戻る