院長のブログ

(69)島の心1

島の心

約10年間勤務してくれたM里さんが事情があって休職することになりました。M里さんは南国出身の方でとても勤勉でした。M里さんはどんなに辛くても笑顔を絶やさず、患者さんには優しい、素朴で純情な「島の心」を持っています。(写真)

今の私を支えている五つの教えのうち一つはT洲会の創立者、T田T雄先生のお考えです。T先生は徳之島という離島出身で崇高な理念を持って40年前に病院を開院しました。この理念は今でも正しいと思います。今から20年前、当時、理事長であったT先生に直接聞いたことがあります。

「T先生、先生がこの理念と志を持って、それを実現するために医師になったのはよく分かりますが、その根本には何があるのでしょうか?」と。すると理事長は「ふむ、それは色々あるが、まず母の影響と徳之島の心だよ。」とおっしゃいました。さらに「島へ行ってO先生を少し手伝ってやってくれ。島がどんなものだか解るから。」

私はそれを確かめるべく徳之島へ短期出張に行き診療をさせていただきました。理事長の言った言葉が良く解りました。素朴で飾らない優しい島の人たち。どんなにつらくてもいつか来る春を信じて懸命に生きている島民の方々、多少刹那的になることはあっても今にベストを尽くすこと。M里さんはこういう「島の心」をもった人です。

 

「院長のブログ」一覧に戻る