院長のブログ

(37)好きなインテリア〜その2

ブログ37

これからの大学病院や総合病院のデザインはどうなっていくのか。色々と見学に行っています。明るく落着いた空間で、寛げるスペースが理想であると思います。

あくまでデザイン上の話しですが、35回で書いたように、私が好きなのは新宿河田町の女子医大です。内装は緑を基調として茶やベージュといったアースカラーで統一され落着きます。写真の緑の長椅子の手前に日本橋松本楼のレストランが入っていて、メニューにはカロリーを始め全成分が表示されています。会計カウンターも工夫されていて、落着いた照明で通常より丈の低い設計です。ご高齢者の支払いも楽になっています。こんな理想のデザインをするには恵まれたスペース(広い敷地)が必要です。東京ではなかなか出来ません。地方では可能でしょうが、今後とても参考になる設計です。

当院も広さでは女子医大には及びませんが、静かな環境で、ピアノの調の中で読書できる環境、粛々と行なう会計業務を目指しています。

「院長のブログ」一覧に戻る