院長のブログ

(28)スポーツと突然死

時々、中高校生の突然死報道があります。過去、調べて見たことがあります。発表していない地方自治体の教育委員会もあります。データのあるところをまとめると、スポーツ中の突然死は、女子に比べると男子に圧倒的に多く、また、小学生より中学生、さらに高校生に多く、中でも(1)持久走・ランニング(2)サッカー(3)バスケットボール(4)水泳等が多く、終了(ゴール)間近か直後に多い傾向にあります。今後はこれに柔道などの外傷による突然死も加わると予想されます。これらのスポーツは危険だからやるなという事ではなく、頑張り過ぎないこと、自覚症状があったらゴール間近でも無理をしないことが大事です。また、季節的には5・6月に多いので新入部員の練習は控えめにすべきです。

「院長のブログ」一覧に戻る