院長のブログ

第274回 妊婦さんのFLU

FLU(インフルエンザ)が大流行しいます。FLU患者さんがあちこち出歩いて、感染を拡げるのは愚の骨頂ですが、妊産婦さんが罹った場合の対応をあまりテレビでは採り上げていません。テレビの医療番組は録画の出来る安直な「〜にいい食べ物」とか「芸人〜の余命」とか下らない番組が多く、本質を報道していません。本質を弁えずに医療を煽る、アジる巷の多くの医療番組など一切不要であると思います。

さて、先日、亀戸で遭遇しましたので、深く調べてみました。妊産婦のFLUについての治療をS先生もNAO先生も参考にしてしっかりやってください。

  1. 妊産婦のFLUの場合、迅速な治療を必要とする。
  2. 妊産婦はFLUが重篤化しやすい。妊婦FLUが重篤化して死亡例もある。
  3. 抗FLU薬(ノイラミニダーゼ阻害薬)で良い。重篤な副作用報告はない。
  4. ゾフルーザはまだ新しく、データが蓄積するまで妊婦には慎重に、まだ出さないで少し様子をみる。

以上、頑張ってください!


 

「院長のブログ」一覧に戻る