院長のブログ

第272回 年内のまとめ(第265回の補足)

クリニック付近の冬の菊の花。こうしたものを愛でる時間的余裕が必要です。
さて、第265回の慶応講義の補足をします。血中プレセプシンについてです。

  1. 血中プレセプシン(プリセプシン)について
  2. 敗血症の診断マーカーとして最重要である。
  3. プロカルシトニン、CRP、IL-6より優れている。
  4. 白血球顆粒球などが細菌を貪食する過程で取り込まれたCD-14がプロテアーゼによって分解され血中に放出される。
  5. プロカルシトニンは有名であるが、感染症以外〜例えば外傷初期でも上昇する。
  6. 重症度判定や治療効果測定の指標にもなる。

  


 

「院長のブログ」一覧に戻る