院長のブログ

(27)今年も1月4日からスタート

今年も1月4日の土曜日から診療を開始しました。急な症状の患者さんのために土曜日に半日だけでも診療をしようと例年やっています。自分は社会に出てから土曜日は休んだことはありません。4日の待合室の中には元日の朝から72時間以上、当院の開院を待っていた風邪の患者さんもいらっしゃいました。診療・投薬後に大変喜んで帰っていかれました。また、いつもは会社が近いので仕事の後、夕方に受診する患者さんも、正月休みで遥々遠方からいらっしゃいました。こういう人が一人でもいて頂けば4日に診療スタートした甲斐があります。多くの患者さんがいらして少しはお役に立てました。消防署の話しですと、正月の4日間は瑞江地区では普段かかっているクリニックが休診のため、救急車を要請した患者さんが多いということでした。このブログは今年も事実のみ書き、よくブログである様な「くさい医療ヒューマンドラマ」は書きません。1月4日は老人ホームの方々にもお役に立てたようで幸いです。協力薬局の皆様、老人ホーム勤務の介護職の皆様、お疲れさまでした。自分自身も1月9日から前信州大学医学部循環器内科教授の関口守衛先生とやっている心電図勉強会も再開します。皆様にとって良い年である様に祈っています。

「院長のブログ」一覧に戻る