院長のブログ

(269)自宅血圧の大事さ

自宅血圧は非常に大事で、もう診察室に血圧計を置かなくなった教授も居ます。かの低俗雑誌週刊Gも9月15日号には嘘ばかり書いてありました。アイミクスとレザルタスの分類の基本的間違いがあり、新潟大学O名誉教授が延々と降圧薬批判、NクリニックのNなる人物が夏の降圧薬過量を批判してますが、記事は稚拙で、内科認定医を持っているレベルでも旧知の事実ばかりの内容です。正に陳腐です。この程度の雑誌に教えてもらう所以もないレベルです。更にこの方々は、今、一番大事な自宅血圧の測定ということに一言も触れていない欠陥文であること、見出しを大きく書いて、何でも売れればよいという文屋の汚さの出たカストリ雑誌だと思います。参考までに買って430円損しました。
こうした記事を読んで週刊誌通りの治療を望む人には、週刊誌通りの治療をして責任のとれる病院(あればですが)に行ってもらおうと思います。さて、嘘満載のカストリ雑誌は放っておいて、もっと心和む写真を載せます。
群馬の紅葉です。綺麗ですね。私が訪れた日の早朝は気温5℃でした。



 

「院長のブログ」一覧に戻る