院長のブログ

(264)糖質制限関連の勉強会

ノーベル賞関連の報道ばかりですが、もっと若く将来を担う方にあげても良いと思います。今回のK大学の日本人老人のノーベル医学生理学賞の受賞も素直には喜べません。免疫チェックポイント阻害薬の発案は偉大ですが、商品の薬価が高額過ぎて多くの人の役に立っていません。高額療養費(国の補助)制度を使えと製薬会社は言うでしょうが、これもその会社の利益のみを考えたエゴで、国の財政破綻を招きます。勿論、モリカケの如く、無駄にあちこちの大学に補助金を出すより人に出すべきですが。当初、Oという薬に米国の2.5倍という薬価を付けた国(厚労省)のお役人の目が節穴、経済感覚ゼロ官僚と言えます。
この様な殿様商売をしているO薬品工業の物は使いませんが、他の製薬会社に期待します。
先日の9月下旬に糖質制限関連の勉強会が二つありました。一つは糖質制限食によるがん治療、もう一つは認知症治療でした。非常に参考になりました。

    


 

「院長のブログ」一覧に戻る