院長のブログ

(260)脂質の勉強会2

さて、前回は脂質異常症の勉強会報告でした。その続編です。
酒の飲み会や子(孫)の自慢大会である医師会の支部会は、ワンパターンでしつこく諄いものです。時として重荷で嫌なものです。また、自己顕示欲旺盛の医師が喋り過ぎる輩の多い製薬会社の勉強会も時として雑音です。こうした民間の勉強会の方が遥かに密度も濃く有意義であると思います。

  1. HDL-C上限値は79mg/dlまではOKだが、高ければよいというものではない。
  2. フィブラートや魚油はTGの実に働くのではない。LDLの粒子サイズを大型化する。(良性化する)
  3. LDL-C/Apo.B比が1.2以下の場合small denseLDLが高い。(悪性である)
  4. 虚血性心疾患の人の場合、必ずLDL-CとApo.Bの比を計ること。

以上、次回は卵論争の結論と見解をビシッ!と書きます。



 

「院長のブログ」一覧に戻る