院長のブログ

(258)路傍の花々〜持ち場、持ち場で清く咲く

クリニック周辺を散歩していると、道端でこんな可憐な花を見つけました。40℃を超える熱射の中でも強く、さりとて目立たずに可憐に、そして控えめに咲く綺麗な花。生命の強さが溢れていました。以前、岡山県の女子大学の学長先生が良いことを言っていたのを思い出しました。それぞれの持ち場で精一杯咲くこと、ベストを尽くすことの貴重さ、美しさです。ひとを羨んだり、妬んだりしない、自分のポジションで仕事を成すことが如何に大事かです。有名ドクターやIT社長の自己啓発本も良いですが、多すぎてしつこ過ぎてもたれますね。私にはお説教がましく下らなく感じられます。実践的、庶民的ではないので。テレビではやたらスポーツ選手や芸人の活躍や年棒ばかり報道されますが片寄っていますね。野心も良いですが、嫌味になるので程々に。自分に正直に社会に清らかに生きるべきです。


  


 

「院長のブログ」一覧に戻る