院長のブログ

(251)咳にご用心

本日も朝から多くの、本当に多くの患者さんが来院されました。こんな交通の便の悪いクリニックなのに連日、かなり多くの患者さんの来院には驚き、感謝して居ります。中でも咳の症状の患者さんが多いですね。これは感染性咳嗽、咳喘息とアレルギー性鼻咽頭炎などあり、合併もあり、細やかな治療が必要です。咳喘息も適切な治療を行わないと約30%が呼吸苦を伴う本格的な気管支喘息になるといわれ、要注意疾患です。私は亀戸(江東区)、瑞江(江戸川区)で統計もとっていますが、近年明らかに増加しています。色々診て、色々と話しているとやや疲れて来ます。スタッフ以外とはあまり話したくなくなることも多いです。

  


 

「院長のブログ」一覧に戻る