院長のブログ

(216)更に健診は続く

週間S誌に漢方薬を斬るごとくの特集が出ていて話題になっています。厳しいことが書かれていますが、生活習慣病の西洋薬の時と違って、ある意味真実が書かれているように思えます。漢方薬を使っている者が言うのは可笑しいようですが一面の真実が書かれていると思います。こうした事を既に理解している上で、漢方は短期勝負でやるのが良いと思います。抑肝散は確かにあまり効いた例はないですね。だから私は出しませんが、NHKで認知症の特効薬的な特集をしていました。国営放送でこのような恣意的な放送をするのは大変問題だと思います、認知症の周辺症状の一部の人に効くだけであると思います。

さて、この様な事は熟知しつつ、何もなかったように日々の業務をやっています。
今日も朝から診察室のスタッフとバッチリのチームワークです。

当院のスタッフは長身で逞しく優しく、情に厚い笑顔が魅力的な女子です。S技師長は写っていませんが、この女史も交えた絶妙のチームワーク体制で淡々と粛々と日々の業務が施行されていきます。(続く)


「院長のブログ」一覧に戻る