院長のブログ

(213)薬価制度の透明化を

先日、大学病院で一心不乱に働いている若い女医さんを観ました。自らの知識、経験、客観性(実測値)など総動員し集中して、お一人で仕事をなさっていました。その姿勢は素晴らしく、大変敬服しました。自らの原点を思い出す事が出来ました。上に居たら若手ドクターや師長さんからの報告を聞くだけでしょうが、実際の現場を見ると気づくこと、分かることが多いです。初心を呼び戻してくれる女医さんでした。
日本の薬価評定システムをもっとガラス張りに、オープンにして無駄な医療費を出さなくてよいように、安かろう悪かろうジェネリックばかりに固執しないで、先発製薬会社ともよく協議する、自己欲を捨て国民の為に値切る官僚こそ専門職です。日本にはこうした事を理解する官僚も政治家も少ないようです。


「院長のブログ」一覧に戻る