院長のブログ

(208)呼吸器勉強会

勤務している大多数の人は休むことと、自分の事しか考えていません。いかに楽して給料をもらいイージーにスキルアップするかのみです。実際、病院やその施設の事を考えている人は職員の中でも少ないでしょう。社長や人事課、総務の人は本当に大変だと思います。こういう人を使っていかなきゃいけないのですから。入職時面談だって良いことしか言わないですから。自分や家の事情、自らの病気を隠している人が多いです。そして権利のみ主張するという労働者が多いです。こういう事務方の実情をボンボン医者は分からないです。さて、ボヤキはこれくらいにして6月末も呼吸器勉強会がありました。

呼吸器内科と呼吸器外科を同時に学べる唯一の勉強会です。循環器だけやっていたのでは視野狭窄になります。
今回はついでにまとめた副鼻腔気管支症候群(SBS)を次号述べます。(続く)


「院長のブログ」一覧に戻る