院長のブログ

(203)呼吸器の勉強会2

佐々木信一准教授の深い洞察力と知識、クリーンで真摯な姿勢には毎回、感心し頭が下がります。医者は真摯でクリーンでないとダメです。どんなに知識が有ろうと手術が上手かろうと帳消し、それ以下のマイナスとなります。順天堂でも色々な人がいるということです。まあ、文句はこれくらいにして、Tree in BudのCTを出します。かなり特徴的です。さて、S先生のために腫瘤影についてショートサマリーを掲げます。
「辺縁不正な結節性陰影といっても全てが癌ではない。結節周囲の粒状影の散布像は良性で非結核性抗酸菌症を疑う。」ということ。更に、非結核性抗酸菌症では結節周囲の気管支拡張像を伴っている場合がある。


「院長のブログ」一覧に戻る