院長のブログ

(196)メトホルミンのまとめ〜その2

日々の臨床を普通にやり、勉強会や書類といった普通の業務をやっているだけでも時間は殆ど無くなります。臨床をキッチリやっている医師は毎週テレビなんかに出る時間はない筈です。世の中、自己顕示欲にかられたタレントもどき医師がいるのには呆れます。
さて、口直しにメトホルミンのまとめ、小川教授講義録です。その2にいきます。

  1. メトホルミンは多彩で絶妙な作用がある。
  2. その調整作用は漢方薬の様である。
  3. 今、巷で話題のEMPA-REG試験もLEADER試験も単独の試験ではない。被験者の75%もの人がメトホルミン内服者である。
  4. メトホルミンの食後高血糖抑制作用はGLP-1作動薬同様に食後グルカゴン分泌を抑制する。
    GLP-1濃度も増加させる。
  5. 悪性腫瘍に伴うワールブルグ効果を復習しておいてください。


「院長のブログ」一覧に戻る