院長のブログ

(191)高尿酸血症の講演会

NHK(ガッテン)もDeNA情報も医療関係は嘘が多く、当てになりません。真実を見極めることが大事です。さて、そういうガセネタは放っておいて実のあるLIVEの講演会の話をします。高尿酸血症研究では第一人者の帝京大学内田教授の講演会が後楽園でありました。小生との2ショット写真です。

細胞内の尿酸は有毒で、細胞外の尿酸は抗酸化作用など有用である、尿酸は腎糸球体の輸入細動脈壁を肥厚させてしまうなど興味深いお話もありました。変な(KY)の自己主張だけする質問者もいて内田教授も大変であったと思います。保険医協会では変な質問は出ないので是非、ご講演をして頂く所存です。


「院長のブログ」一覧に戻る