院長のブログ

(190)経食道心エコーは必要か?

T医大系と製薬メーカー主催の勉強会に行って来ました。

主題は@3週間適切な抗凝固療法を行った心房細動患者で経食道心エコーは必要か?A原発性アルドステロン症の診療でした。Aは横浜労災の大御所大村昌夫先生のいつもの名講演でしたが、@は非常にキャッチ―な題名の割に尻切れトンボで症例数も少なかったです。これからの研究対象でしょう。ヨーロッパの様にきちんと3週間抗凝固療法をやれば、3Kの経食道エコーをやらないで左心耳CTやMRIで代用する時代となっていくと思います。

聴衆は多かったですが、以前に別の大学でみた人で、「相変わらず臨床もやらずに成長してないな」と思う先生もいましたし、大学病院にいるのにこんな初歩的な質問をするのかと驚かされもしましたが、押し並べて多くの人は勉強熱心でした。情報交換会という飲み会は嫌いなので早く帰って来ました。自分は自分のペースで頑張ります。


「院長のブログ」一覧に戻る