院長のブログ

(189)心サルコイドーシスの勉強会

相変わらず、テレビドクターN氏は先日の18歳アイドルの突然死を「心筋梗塞」とかピントのボケたことを言っていますね。小誌月間保団連の心電図シリーズを読んで少しは勉強して欲しいです。18歳女性の突然死は、心筋梗塞ではなく、先ず心筋症を考えます。致死性不整脈を生じたとすると、その中でも肥大型心筋症かARVC/Dでしょう。こうした心疾患がないとするとブルガダやQT延長症候群を考えるのが常識です。勉強していない医者のコメントが多過ぎますね。
さて、こうした素人医師は放っておいて、本題に行きます。先週、東京保険医協会で森本紳一郎先生による心サルコイドーシスの勉強会がありました。

S先生や関口守衛先生のお嬢さんもいらっしゃいました。
血中ACE値の見直しが必要で、17IU/ℓ以上ならかなりサルの可能性が高いとのことです。
当院ではそれ以降、診察室ではS技師長やSナースとも心サ症の話題で持ちきりです。


「院長のブログ」一覧に戻る