院長のブログ

(180)長期投与は×、風邪は万病の元

昔から風邪は万病のもとと言われますが、多くは事実です。無理をすると治るのに時間が掛かります。薬は自然治癒力を補助するものです。若い方で無理をする、或は連日飲酒して自分で病を悪くしている傾向があります。とくに巣鴨などではその傾向が強いです。無理をしていれば、いくら良い薬を飲んでいても肺炎などになる可能性があります。また、いたずらに長期投与を求めるのは生活習慣がいい加減の人が多い傾向にあります。いくら経費節減と言っても3か月もの間適当に飲んだり食ったりでは生活習慣病が良くなるわけがありません。アルコールも「少し飲む」という方の多くは嘘で、多くの人は過剰飲酒、常習飲酒家で依存症が多いです。また、特定の薬にこだわるのも偏った方が多いです。某週刊誌の様に嫌薬運動を扇動するのも問題ですが、依存するのもまた問題で、投薬期間もしかりです。そういう方は最初から総合病院に行けば良いのです。


「院長のブログ」一覧に戻る