院長のブログ

(176)ESUS

本日は11月の呼吸器勉強会がありますが、出席出来るかは微妙なところです。最近、公私とも他に時間を取られて自分の整理や掃除が出来ていないのです。老人ホームの回診もあって多忙はいいのですが、こういう時にあちこち顔を出すと全てが不完全、消化不良となる可能性があります。
10月中は幾多の勉強会、それも脳卒中、血液凝固関連がありました。少しまとめると、

  1. ESUSはEmbilic Strokes of Undetermined Sourceの意味で、「原因不明の脳塞栓症」ということです。
  2. これは全脳卒中の内の25〜26%を占めるということが定説です。かなり多い。
  3. 全脳塞栓症の10〜20%である。
  4. 場所は脳皮質下に多い。
  5. 脳血管に50%以上の狭窄がないという前提。
  6. 心房細動や大動脈弁膜症、左房粘液腫などもない。
  7. 動脈炎や解離もない。
  8. 経食道心エコーは有用なるも診断に必須条件ではない。
  9. ESUSに対するDOACの予防効果の前向きスタディが2つ行われている。

続きは次号で。

ESUS


「院長のブログ」一覧に戻る