院長のブログ

(17)進化する糖尿病の薬(1)

以前からそうですが、糖尿病薬の進歩、出現には目覚しいものがあります。新薬ですら、この1年間に第6世代目の薬が出現し、瞬く間に新旧交代をしています。これだけの進歩にGP(総合臨床医)はついていけるのでしょうか?

―他領域や他科も見なくてはならないGPにとっては大変だと思いますが、やはり医学の進歩についていかなくてはならないと思います。むしろ臨床の中枢として、実地医家がリードして、大学病院では得られない経験や工夫を世に問わなくてはならないと思います。

次回続く。

「院長のブログ」一覧に戻る