院長のブログ

(167)山中慎介「神の左」でスカッと爽快!!

天気と同じように気持ちも暫く停滞していましたが、久々にボクシングの醍醐味を観る事が出来ました!天賦の才能を持ってしてもなお努力を怠らず、スパーリング140ラウンドをこなし、最強の挑戦者モレノをスカッとKOした山中選手に称賛の言葉を送ります!!
同じ大阪でもK田の下手でちんけな試合と異なり、技術と力の出し合いを見ました。凄い試合でした。
日本は、今や何でも「神」を付ける非常に語彙に乏しい、日本語が「退化」してしまっている時代です。企業や店員の少し気が利いた対応を何でも「神対応」とか、コンサートの良い席を「神席」とか「超」と同じような使い方でお粗末な形容です。そんなにいっぱい神はあるわけではありません。アナウンサーすら「神」を付ければいいと思っているようで、乱用され、誤用されている低級形容詞です。
また、神の眼や神の手はいろんな分野、あちらこちらで使われ、今や神の脳や眼、心までも!日本はあっちこっちに神がいると外人に奇妙がられてもいます。十手観音が街にあふれているように思われています。そんなに神は居ません!しかし、山中選手のような技量こそ神という語を使うにふさわしい腕です。

山中伸介「神の左」でスカッと爽快!!

「院長のブログ」一覧に戻る