院長のブログ

(156)ワクチンの勉強会

昨日、ワクチンを中心とした講演会がありました。瑞江駅近くでご開業のY先生ともお逢いしました。Y先生も勉強家ですね。以下、講演のまとめです。この拙文を毎回読んで下さる真面目なS先生へ。
CAPITA試験というオランダの大規模、前向きスタディから肺炎球菌ワクチンは肺炎を50%減らし、中でもIPTという重症肺炎を75%減らす。
成人用プレベナーとニューモバックスの相乗効果あり。一年空けてやりましょう。
成人の湿性(感染性)咳嗽の三大疾患はマイコプラズマ、肺炎クラミドフェラ、百日咳である。
レミエール症候群に注意〜若い健常者の咽頭炎からの超急性敗血症、血栓性静脈炎、高死亡率。急性咽頭炎に対する抗菌薬制限が原因で再度増えて来ている可能性あり。東京医大でも二人のうち一人死亡。こうした例やIgA腎症の増加を見ても、咽頭炎に対する抗菌薬投与も一概に責められない。日本や韓国は手厚いですね。
※こうした事をみると週刊G誌の薬を忌まわしい物のように扱うのはおかしいですね。薬で命救われている人は多いですね。レミエール症候群のように検査結果を見てから抗菌剤投与とか血算を見てとか寝言を言っていると命を失う若者もいるという事です。

「院長のブログ」一覧に戻る