院長のブログ

(144)週末に郊外へ

最近、地方の大病院に有名医が何だかんだのと、ゴシップ誌に報道されていますが、あまり聞きたくないですね。病院には病院の立場があります。病院は福祉や要介護の患者さんの補助も切られない様に守っていかなくてはなりませんし、許認可や補助、難病申請の問題も抱え、更にその地区の就職や経済も支えているわけです。行政ともうまくやっていかなくてはなりません。大きい病院なら尚更です。そうした病院の事情も雇われ院長とか雇われ理事長といった影武者では分からい場合もあります。働いていると、とかく自分のことのみ主張し、病院の事情も分からないことがあります。自分で経営者になれば良く分かります。

さて、週末に気分転換で出かけて来ました。自然は有難いものです。

  

「院長のブログ」一覧に戻る