院長のブログ

(123)エプレレノンの勉強会

木曜日の夜に浅草でアルドステロン受容体拮抗薬のエプレレノンの勉強会がありました。慶応大学の佐野准教授の分かりやすいお話がありました。メタボリック症候群の元凶ともいえるアルドステロンをどうブロックするかが重要なポイントであると思いました。アルドステロンという物質は腎・副腎だけに係わっているものではなく、中枢神経(脳)にも働いて交感神経を緊張させ、高血圧を起こします。

でも、質問はシンプルがベストです。歳を取ってくるとくどくなりますが良くないですね。いや、若い人でも回りくどい発言は焦点がぼやけます。単純明瞭がいいですね。

「院長のブログ」一覧に戻る