院長のブログ

(106)6月病

時期遅れの「5月病」の6月病が全国あちらこちらで起きているようです。医学的には適応障害という病名になります。また、これと趣を異にする「新型うつ」も多いようです。これらが合併することもあります。
他者の事を考えず、自分の事情や待遇ばかりいう事は、更に負の連鎖を招き体調不良や人間関係の破綻を招きます。何処へ行っても同じ事を繰り返します。

まず、自分の現状に感謝すること。本分を全うし口を閉じること。愚痴や文句は才能を殺いでしまいしまうからです。その上で対処は①生活のリズムを規則正しく整えること②睡眠を十分にとること③食事をしっかり摂ること〜貧困な栄養バランスをやめ、良質なたんぱく質を十分に摂ることB身体を動かすことCOFFタイムの充実を図ること〜趣味をやるなどしましょう。無趣味で几帳面な人は危ないのです。

 

「院長のブログ」一覧に戻る