院長のブログ

(104)医師会での呼吸器勉強会

4月28日の月曜日の夜に医師会館で呼吸器の勉強会がありました。10人以上の開業医の先生たちが集まり、熱心に勉強しました。 順天堂浦安病院の佐々木信一先生の肺アスペルギルス症〜特にAspergillus lentulusによる慢性壊死性感染症(CNPA)で手術救命した例、肺の菌球から直接、脊椎浸潤を来たした例などが供示されました。

  

感慨深い症例で勉強になりました。講演会や勉強を熱心にやるとは騒いだり大きな声で議論し合うのが全てではありません。こうした粛々と、こつこつとやるものなのです。

 

 

「院長のブログ」一覧に戻る