院長のブログ

(101)可塑性

近年流行っている言葉に「可塑性」があります。要は変形しやすいこと、柔軟なこと、対応できること等が可能であると言う事です。神経の可塑性とか脳の可塑性と言ったように使われます。高齢になっても生き生きとしている人、新しい事や趣味・仕事の工夫に興味津々な人、こういう方がいますね。皆、年に関係無く若々しいです。

この理由は、恐らく、絶えず刺激を受ける脳の可塑性によって説明がつきます。実際に長年仕事をしていて、段々と頭角を現し、ずいぶん優秀になったと驚く人もいます。逆に、この歳であまり頭を使わなかったのか錆び付きの危険性もある人もいます。環境とトレーニングでどちらかを逃避しても脳は可塑性を失い、使われなくなってしまうと思います。

 

 

「院長のブログ」一覧に戻る