院長のブログ

院長のブログ(4)東京ルールについて 1

このような産婦人科救急の不備を受けて、東京都では救急医療の「東京ルール」が作られました。

カタカナ日本語が多いので判りやすく言うと以下のようなものです。

(1)受け入れ先の調整
地域ごとに、そして東京都全体で行い、たらい回しを防ぐ。

(2)重症度や診療の緊急性を決める
一定のルールに基づいて判断する。

(3)都民への啓蒙

これが作られただけでも良いですが、果たして機能しているでしょうか?

次号に続く

「院長のブログ」一覧に戻る